今まで書いたことがなかった私のガンについて

             

みなさま、こんにちは。

昨日は私の心の声を聞いて下さり、ありがとうございました。

そして、驚かせてしまってごめんなさい。

39歳だったこと。(←年齢かいexclamation冷や汗 (顔)

 

いや、突然のガンの告白。

 

たくさんの温かいメーッセージを頂き、

やっぱり、元気になったから書けることなんだと思いました。

 

誕生日のメッセージもありがとうございました。

39歳と言う微妙な年齢ですが、

今年ほど『おめでとう』が嬉しく感じたことはありません。

 

 

そして、昨日は奇跡が起きたのですぴかぴか (新しい)

ケーキを買いにいこうか作ろうか迷っていると、

主人の母からメールが来ました。

『夕方、誕生日ケーキを届けます』

実は、こんなことは初めて、結婚してから1度もなく、

孫の誕生日だってケーキもプレゼントもなし。

あまりイベントに執着しない義両親なので。

 

ところが今年はどうしたことか・・・。

私はやっと嫁と認められたのか、

それとも本当の娘のように思ってもらえたのか・・・

真相はまったくわかりませんうれしい顔

 

私好みのとってもおいしいケーキでした。

2015-05-21 20.11.02

いちごとブルーベリーのモンブランというのか??

タルトと言うのか。

とっても美味でございましたブタ

お義母さんありがとうございましたるんるん (音符)

 

そんなわけで、私の39歳がスタートるんるん (音符)

 

また長くなってしまいましたが・・・

昨日の記事を読み返してみて、

私の病名は乳癌だと思われたでしょうか・・・。

それは違います。

 

私は自覚症状がまったくなく、

進行がとってもゆるやかなガン

甲状腺のガンだったのです。

これがこんなに早く発見出来たのは本当に奇跡でした。

 

甲状腺乳頭がん

乳頭とつきますが、甲状腺の先端に出来るガンのことです。

喉仏の根本、鎖骨付近に甲状腺が二つあるのですが、

その一つが肥大していたのでした。

甲状腺のガンはまぁよくあることらしく、

進行がとっても遅いので検査次第では切らなくてもいい、

ガンの進行よりも老衰してしまう方が早いくらい

悪さもなく気づかれない場合も多いのだとか・・・。

そんな確率なので

「きっと大丈夫よ」って先生に言われたけど

私は大丈夫の方ではなかったのですあせあせ (飛び散る汗)

ガーンあせあせ (飛び散る汗)

 

ここで言ってしまうと・・・

首の根本を横に10センチほど切って腫瘍を取り出す手術だったのですが

不運にも、色々とあり、さらにたくさん切るはめに。

首をこれだけ切ると回復にものすごい時間がかかってしまいました。

 

なぜ、早期発見出来たかというと・・・

これは本当に娘のお陰だと思っているのですが、

話せばとっても長くなります。

どうぞ、コーヒーでも淹れて来て下さいね(笑)

 

私のガンが発見されるにあたって、

それはそれは壮絶な物語がありました。

ただガンが見つかって、手術した

では終わらせることが出来ない家族の絆が・・・。

 

36歳と言う私の1年間は病気で始まり病気で終わる

全部毒素を出し切ったような、そんな1年でした。

悪性のガンなんて

この先自分が生きられるのか?想像もつかないこと。

本当に本当に仲が良い友達3人にしか話していない実話です。

 

ここからはティッシュをご用意下さいませウッシッシ (顔)(エへへ)

 

決して涙を誘いたいわけでも、同情してもらおうでもありません。

今まで言えなかった心に溜まっていた事を解放したい、

私自身の為に書いていることをご理解下さい。

そして、同じ思いをされている方の参考になれば・・・。

 

病気が見つかるきっかけとなった娘の入院

私の誕生日のあとに、すぐ娘の誕生日がやって来ます。

娘は5月30日が誕生日です(もうすぐ4歳るんるん (音符)

 

ちょうど3年前の娘の1歳の誕生日、

娘は熱を出し入院しました。

40度超えの熱が2日続き、ぐったり。

 

実は、娘は生後1ヶ月の時に

かわいそうなことに髄膜炎になり入院。

長引くと3ヶ月~半年入院と言われたのです。

その時私がずっと付き添い入院しないといけなくなり、

なくなく、息子は義両親に預けました。

先の見えない入院なので主人一人では息子の面倒が見れなかったのです。

 

その時の我が家は、

赤ちゃん誕生の幸せ家族から一気にバラバラに。

 

娘の病室には息子は入れません。

感染防止の為、子供の入室は出来ませんでした。

生まれたばかりの赤ちゃん(妹)を

息子に見せることも触らせることも出来ません。

 

こんなに悲しいことはありませんでした。

息子にとっては、かわいい妹と大好きなママが奪われた気分

当時4歳の息子には辛すぎました。

義両親に預けましたが、泣いて泣いて・・・

とっても寂しい思いをさせてしまったのです。

 

そんなことがあったので、

1歳の時のお熱はなんとしても入院させたくありませんでした。

しかし、脱水状態になり泣いても涙が出ないほど。

すぐに入院することになりました。

 

そしてまた家族は離れ離れ。

 

私は付き添い入院、息子は義両親のもとへ、主人は自宅。

40度超えの高熱は5日ほど続きました。

突発性発疹だったのですが、咽頭炎も併発し大変でした。

ちょうど歩き出したのに、体力が落ちたのでまた歩けなくなる。

悲しくてしくしく泣きました。

 

また歩けるようになるのかな~涙

脳がおかしくならないかな~って。

 

幸い、入院した病院と主人の実家は近所、

毎日お見舞いに来てくれました。

でも息子は病室には入れません。

また大好きなママと妹を奪われた気分。

毎日お見舞いに来ては待合室で10分ほど話すだけ。

私はもっともっといて欲しいのに・・・

悲しかったです。

 

毎日のことなのと、

元気がある4歳男子のお世話に義両親も疲れ

大変だったのでしょう。

10分でも文句は言えません。

 

更にダラダラする息子を厳しくおこることもありました。

それはしょうがないことですが、

まだ4歳、家族がバラバラになり

息子もものすごい我慢をしている。

もっと優しくしてもらえないかな・・・と本当に心が痛みました。

 

息子は私の顔を見ると、泣いて泣いて

「いつ退院できるの?またみんなで住めるの?」って

胸がつぶれそうでした。

本当に寂しい思いをさせてしまいました。

そんなことがあるからか、我慢強い子になったように思います。

 

そして、ふと思い出し、自分を反省させるのでした。

あの時はえらかったね。って。

 

 

この娘の入院がきっかけで、

私も身体が疲れはて、入院することになったのです。

 

私自身はしんどいなんて思っていません。

娘が無事に退院し、かわいくてかわいくて、

子育てが楽しくて楽しくて・・・。

また家族4人が揃って幸せ。

 

なのに、

この幸せがこんなに早く崩れてしまうなんてたらーっ (汗)

左耳に違和感を覚え、気づいた時には左耳が聞こえない。

これは、産後1年のママさんに多い、

育児疲れから起こる突発性難聴でした。

私は育児に疲れていることよりも、

むしろ育児が楽しかったので、ほんとにショックでした。

 

娘、息子、主人、家族にごめんねの日々。

 

「突発性難聴でガンが見つかる」は次回につづく・・・

 

すみません、どんだけ続かせる気だ冷や汗 (顔)

 

ほんと、何部作になるかな。

私の壮絶物語は、これはまだほんの一部なのです冷や汗 (顔)

なんでこんなに私ばっかり・・・でした。

 

では、次へつづく・・・。

 

お楽しみにるんるん (音符)

 


ぴかぴか (新しい)お問い合わせはこちらぴかぴか (新しい)

◆お問い合わせフォームへ

◆メールでのお問い合わせ
 ju521@live.jp


ランキング参加中
ここをクリックしてね
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


blogramで人気ブログを分析

,

Comments

  • まず・・・お誕生日おめでとうございます♪

    そして、大変だったのですね。。娘さんもそしてご自身も。
    お二人とも無事生還されて本当に良かった!!
    早期発見されて、ラッキーだったんですね。

    これから私ももしかしたらガンってこともあるかもしれない。
    ガン家系なんです(涙)
    その時のために症状等、心に刻んでおこうと思います。
    書いてくれてありがとうございます。

    • ナナソラママさんへ

      お返事遅くなりました。
      ありがとうございます。(誕生日)

      色々と振り返ると健康だけが私の取り柄だったのに3年前はありとあらゆる病気にかかり
      大変な1年間でした。
      そう、うちなんてガン家計じゃないのにこんなことに・・・。
      ガン以外でもこれだけ病気にかかってたら誰かの役に立てるかな~と思って。
      また続きも書きますね。
      ただ、重たいブログになったらいけないな~~と思ってしまいます。

コメント♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です