3年前の突発性難聴と甲状腺腫瘍の告白

             

3年前の突発性難聴と甲状腺腫瘍の告白

 

3年前の6月後半、
急に左耳が聞こえなくなる。

激しい耳鳴りと激しい頭痛が続き、
これはおかしいと思い病院へ
内服では完治の見込みがなく
大学病院を紹介され入院することになる。

 

入院して
ステロイドの点滴と
高濃度酸素吸入治療が始まる。

ステロイドの点滴は5日しか出来ず
(筋肉が痩せるので5日と決まっているそうです)

7日ほどで退院しました。

 

退院の時点では耳鳴りはまったく治まらず、
聴力もまったく回復していませんでした。

しかし、
点滴治療の効果はじわじわ出てくるらしく、
4ヶ月ほどしたら効果が出るとのことで、
長い長い治療は続くのでした。

 

毎日3回決まった薬を大量に飲み、
激まずのイソバイドも40cc飲み続けました。
どこに行くにも薬を持ち歩きました。
薬を飲み忘れると鼓膜が痛くなるので必ず。

 

ステロイドの点滴治療後の副作用

ステロイドの点滴治療後10日ほどは激しい頭痛と倦怠感
家事や育児が出来ないと先生に言われました。
その為、家族や周りの協力が必要になるとのことでした。

でも、ほら、うちの人ひどいでしょ(笑)
だから協力してもらえないと先生に言ったんです。
(いやそれは言い過ぎかなウッシッシ (顔)

勤務が夜勤があったり、日勤でも朝5時には出勤し帰宅は21時
どうしても私がやるしかなかったのです。
娘もまだ1歳で手がかかるから。
そう言いました。

 

すると、
本当に辛くて何も出来ないし、
ここで無理をしたら聴力は戻らない

無理をして再び入院になる場合もあるし、
反対側の耳の聴力も落ちる場合も多い

そう言われました。

 

ご主人にはそう伝えて
なんとしても10日間はゆっくり静養させてもらいなさい
そう言われたのでした。

そして、
もしかしたら
耳か頭に腫瘍があるかもしれないからMRを撮ります。
そのことも伝えるようにと言われました。

 

夜、主人が帰宅した頃を見計らって、
病院から電話しました。
ただでさえ心配している主人も
腫瘍と聞いてまた心配していました。

「検査をしてみないとわからないし、
結果が出てからその時また考えよう、
家事や育児はオカンに手伝ってもらって、
俺も協力するし、無理せんでいいようにするし
今はゆっくりせ~」
そう言ってくれました涙

 

あの人が、
あの人が

当時はそんな優しい事を言ってくれたんですハートたち (複数ハート)

なのに・・・
なぜ~~、
なぜあの人は今は
あんなにもひどいのかしら(笑)冷や汗 (顔)

 (元気になった今は日々修行のようです冷や汗 (顔)

 

でも、あの時は
次から次と病気が見つかり
本当に心配や迷惑をかけました。

それでも、あの人だったから、
私も乗り越えられたのだと思っています。

一緒に泣いているような人だったら
私も耐えられなかった。

だから、
やっぱり私はあの人が旦那さまでよかったな~
そう思ったのでした。

あまり言わないけど、
主人には感謝の気持ちでいっぱいです目がハート (顔)

 

辛い副作用と闘う

そして・・・
先生が言っていた激しい頭痛と倦怠感
退院したその日から始まり、
しかも毎日38度近い熱を伴う。

起き上がることが出来ない日が続きました。

寂しいけど、私の身体の為、
子供たちは主人の両親にお願いし、
ゆっくり静養しました。

食欲もなく、起き上がるのも辛く、
トイレ以外は寝て過ごしました。
薬の関係でトイレは何度も行きました。

 

テレビや携帯、本や新聞(文字)は
なるべく見ないように

なるべく耳にも負担をかけないように
言われました。

ちょっとのことでも疲れが激しいからと。

色んな音も辛いので携帯の音も消し、
家電の音もインターホンの音も切りました。

 

主人もきっと優しくしてくれたと思いますが、
あまり覚えていませんウッシッシ (顔)
そんな余裕はありませんでした。

 

これが本当に10日ほど続き、
そして、だんだんと起き上がれるようになり
家事も出来るようになり、
子供たちも帰って来て、また4人家族に戻りました。

息子はずっとひっついて来て嬉しかったのを覚えています。
娘はパパ、パパで
一ヶ月はママと呼んでくれなかったんです涙
恨んでいたのかな、グスン。

 

検査の日々

起き上がれるようになると病院通いは復活。
耳と頭の腫瘍の検査(MR)、毎月の聴力の検査・・・。
そして、甲状腺の検査。

 

週1で大学病院に通いました。

 

検査の結果、耳と頭の腫瘍は見つからず、

左急性低音障害型観音難聴
(ひだりきゅうせいていおんがたかんのんなんちょう)

と診断されました。

 

子供たちの声はうるさいほどに響いて聞こえるのに
主人の声は聞こえない、
目の前にいても何度も聞き返すくらいでした。

 

なるほど・・・謎が解けた。

低音障害だから
子供とは会話が出来ても
主人とは会話が出来なかったのか。

何度も聞き返すので
それはそれはイライラされました。

 

私の場合、聞こえて来る声や音は高音のみ
電子音のように一定の高さの為、
誰の声か聞き分けることが出来ませんでした。

 

そして、聴力が落ちすぎていたので
スピーカーでしゃべるくらいの音や声しか拾えません。

耳の周りでは常に大きな雑音がし、
ヘリコプターが飛んでいるような
ゴーゴーゴーという大きな耳鳴り。

 

本当に耳鳴りは治まるのかな~、
聴力は戻るのかな~

不安がいっぱいでしたが、
退院から3ヶ月ほどして、
少しずつ、少しずつ
耳鳴りが小さくなりました。

そして5ヶ月目の聴力検査で内服がなくなり、
気づいたら耳鳴りもなくなっていました。

 

そして今に至る。

 

急に耳に違和感がおこった方は
1日でも早く耳鼻科を受診して下さい。
時間はかかるけどきっと良くなります。

 

***

同じ時期に兄が顔面麻痺になりました。
顔の片方だけまったく動かなくなるそうです。

顔面麻痺もおかしいと思ったらすぐに耳鼻科
こちらもひどい疲れ、ストレスでなると言われています。
1日でも早い方がいいそうです。

兄は仕事が忙しく
すぐに病院に行かなかったので少し麻痺が残ったそうです。

同じ時期に兄の同僚の女性が突発性難聴になりました。
私のことがあったのですぐに早退させたそうです。
その方は早かったので内服で完治したそうです。

 

少しでも情報を知っていると早めに行動出来ます。
同じ症状の方がおられたら伝えて頂けると嬉しいです。

 

長くなりました。

 

次は、甲状腺腫瘍、
ドキドキの甲状腺のエコーと
組織の検査について書こうと思います。

 


ぴかぴか (新しい)お問い合わせはこちらぴかぴか (新しい)

◆お問い合わせフォームへ

◆メールでのお問い合わせ
 ju521@live.jp


ランキング参加中
ここをクリックしてね
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


blogramで人気ブログを分析

,

Comments

  • つらい大変な経験をされてきたのですね。
    病気はつらいですね・・・・
    病気が見つかったこと、ご家族のサポートを得られたこと、そして治ったこと、とってもラッキーだったのでしょうね*^^*

    • ナナソラママさんへ

      当時は辛くて辛くて・・・。
      でも、きっと、もうあの時ほど落ち込むことはないと思います。
      ナナソラママさんのおっしゃる通り、治ってラッキーだったんだすね☆
      あの時ほど、あの旦那に感謝したことはないです。よかった、あの人で♪

コメント♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です