3年前の今日、ガンの手術の日でした。

             

12月17日、

3年前の今日、ガンの手術をしました。

今の時間はまだ麻酔で眠っていたはず。

 

3年前の夏

甲状腺の腫瘍が見つかり、

色々な検査を受けました。

 

甲状腺のガンは

非常に進行がゆっくりだということ

90%大丈夫だと言われる中、

検査を受ける度に

大丈夫の可能性が低くなって行きましたバッド (下向き矢印)

 

そして、

年内に手術した方がよいと言われたのが9月。

手術の決心が出来たのが10月、

その時には12月17日の手術しかあいていなかった。

 

当時勤めていた会社のこと、

子供のこと、主人のこと、

考えることはたくさんありました。

 

首の付け根(右側)の腫瘍は自分で触ってもわかるほど、

甲状腺全摘になった場合は一生薬を飲み続けることに、

声帯を圧迫していた場合、声を失う可能性がある、

 

当初、首の付け根を

10㎝切って甲状腺を摘出することになっていた。

 

そんな時、

首の左側にリンパ腫のようなものが見つかる。

(叔父が悪性リンパ腫で亡くなっていたのでもちろん検査をお願いする)

幸い、同時に手術と検査が出来るとのことで、

急遽3㎝多く切るだけで済むからと冷や汗 (顔)

首の付け根を13㎝ほど切り、

甲状腺の摘出と左リンパの生検手術が始まる。

 

リンパ腫が

悪性リンパ腫だった場合、

リンパ腫を取り除くことは無理、

甲状腺の術後、

様子をみて抗がん剤治療になる。

 

そんなどん底だった私。

さらに、

欲しかった3人目も諦めるように言われる。

 

当時息子は5歳、娘は1歳、

  • 術後3ヶ月安静
  • 上を向いてはいけない
  • 重たい物をもってはいけない

いろんな制約がありました。

 

一番辛かったのは

娘の抱っこ3ヶ月禁止台風(←まだ1歳の赤ちゃんですあせあせ (飛び散る汗)

 

理由は、

首が裂けてはいけないから。

 

辛すぎました。

母親失格のような。

 

ガンが見つかった時には母乳も禁止宣告。

泣きました。申し訳ない母で、妻で。

 

今から思い返しても壮絶体験。

そんな体験を綴って行こうひらめき

と決めたこのブログ。

 

しかし、奇跡的にも病気から復活出来た私。

かわいい子供に囲まれ、

ちょっとひどいけど面白い夫に支えられ

毎日が楽しくて仕方ありません。

 

日々の楽しい記録を残していくことがメインにぴかぴか (新しい)

 

なかなか病気の事を書くところにまで至りませんが

同じような想いをされている方のお役に立てたらな~~、

傷痕ってどうなるのかな?

そんな不安な気持ちに寄り添えたらな~。

 

3年経ったらそんなに楽しいの~

(実際はもっともっと早くから楽しかったです)

この人本当にそんなに病気で苦しんでたの~

(能天気に見えるケドウッシッシ (顔)

 

そう思ってもらえたらいいな~。

 

読んでくれた方に

勇気を与えられたらいいなぁと思っていますぴかぴか (新しい)

 

実際のところ、

私は術後半年でかなり復活していました。

もちろん傷は深く、

13㎝の傷痕の痛みは4ヶ月続きました。

 

首回りの腫れがひくのに4ヶ月、

鎖骨が現れるのに半年かかりました。

 

スカイツリーを見上げたのは2年後。

首の付け根がちぎれるかと思った冷や汗 (顔)

 

でも、かなりポジティブだった私。

あの、手がかかる自由人

(夫のことです)のお世話に忙しくウッシッシ (顔)

 

主人は術後安静の私に容赦なく接してくれましたボケーっとした顔

そんな訳で、

しくしく泣いたり、

ブルーになったりする暇がありませんでした。

 

主人のひどい具合はサイドバーからご覧になれますウッシッシ (顔)

右斜め下クスッと笑える人気記事

まだまだありますよ。

 

今ではそんな主人にも家族にも、

支えてくれたお友達にも感謝しています。

 

これからも

私の楽しい毎日、

私の小さな幸せな時間を綴って行こうと思います。

 

こんな主婦のお気楽ブログですが、

どうぞ、よろしくお願いしますぴかぴか (新しい)

 


ぴかぴか (新しい)お問い合わせはこちらぴかぴか (新しい)

◆お問い合わせフォームへ

◆メールでのお問い合わせ
 ju521@live.jp


ランキング参加中
ここをクリックしてね
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


blogramで人気ブログを分析

コメント♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です